かの「大川慶次郎氏」の伝説の1日12レースのパーフェクト的中や、 テレビ・新聞・雑誌などの活躍をご存じない世代の競馬ファンにも体感していただけると幸いです。本物は無料情報だけでも儲かると解ってもらえるのが競馬情報サイトに対する信頼となるでしょう。

中央競馬で「え~それが来るのか」と嘆くのが万馬券。
だからと言って万馬券をいつも狙っていたのでは資金が持ちません。

そこで、中央競馬で荒れやすいレース、堅くおさまりやすいレースと
あらかじめ分けて考えていくのもひとつの攻略法だと思います。

私が荒れやすいと考えているレースのキーワードは、
一つは「牝馬限定戦」です。
どのような条件戦であっても牝馬限定の場合は、簡単に収まらないと思ったほうが良いです。
女心と・・・ではありませんが、驚くような馬券も時に出ます。
それだけに予想するのも難しいのが牝馬戦で、
新聞などの情報だけでは激走馬が見分けにくいことも多いです。

二つ目は「ハンデ戦」です。
特に1000万円以下条件戦、オープンハンデ戦あたりは狙い目です。
これは1番人気の馬が、重いハンデを背負って走る場合、
よく4着以下に大敗する事があります。
そのような時は、馬連はもちろん、3連複、3連単などで非常に大きな配当となります。
思い切って1番人気を切ってしまうという作戦も良いでしょう。
しかし、GⅢ以上のグレードレースでのハンデ戦になると、
トップハンデや1番人気の馬は実力が飛びぬけているということもありますので、
条件でのハンデ戦の方が高配当は狙いやすいかと思います。

最後は特別にG1戦での高配当をゲットするコツです。
G1は、普段競馬をしないような方も購入するため、オッズが偏る傾向があります。
1番人気が飛びぬけているオッズの時、
1番人気を軸にして、人気薄に流してみてください。
点数を多く買えない方は枠連でも良いです。
意外にオイシイ馬券が取れることもありますよ。
モビット審査ガイド